探偵がする浮気調査とは?安心な依頼のために知ってほしいこと


実際の探偵に浮気調査を依頼したいと思っていても、どのような仕事を探偵がしてくれるのかをはっきりとイメージできない方が大多数なのではないでしょうか。なんとなく怪しいことをするのでは? と考えてしまい浮気調査の依頼をためらってしまう、という方もいるかもしれません。
そこで安心して浮気調査を依頼していただくために、探偵が浮気調査でどんな調査をしてくれるのかをここで解説します。

浮気調査で探偵がしてくれること

浮気調査とは、本当に浮気をしているのか調べ、浮気をしていたらその証拠を得ることです。そのために探偵は「尾行」「張り込み」「聞き込み」という手段を駆使します。この手段は、探偵の属している調査業者ができることとして法律で許可されています。

特に「尾行」は浮気調査に欠かせません。浮気相手との逢瀬の実態をつかむために、探偵は2~3人でチームを組んで尾行します。見失うことを防ぐ効果があります。さらに探偵と対象者は他人ですので、対象者姿を見られてもバレることはほとんどありません。
もし依頼者が自ら「尾行」をしようとすれば、視界に入った瞬間失敗してしまうことが多いため、トラブルの元です。無理せずに探偵に任せた方が成功率が高いでしょう。

依頼者の望みによって浮気調査の成功条件は多少変化しますが、ほとんどの場合、浮気の証拠として浮気相手との密会シーンをカメラにおさめ、依頼者に渡す報告書を作成するまでが探偵の基本的な浮気調査です。
浮気の証拠になる、詳しいシーンについては下記のページが参考になります。
浮気調査の内容とは?

探偵が守るべき法律

探偵は依頼を受けて特定の情報などを収集し、その結果を依頼者に報告する業務を行う、というルールが法律で定められています。そのため探偵が私利私欲で情報を収集することはありません。
さらに、探偵は報告書の情報を元に恐喝などの犯罪行為をしようと企む人に加担してはならない、とも定められていますので、例えば恐喝やストーカー、差別などの目的がある依頼を、探偵が引き請けることはできません。

探偵業の業務の適正化に関する法律についてを調べれば、探偵ができる調査・できない調査があるということが調べられます。
探偵業の業務の適正化に関する法律の施行について 警視庁


依頼するときは調査力が重要

依頼だから・法律で許可されているから、とはいえ、浮気調査で探偵が尾行することはストーカーにあたる行為なのでは? と心配されるかしれません。基本的には探偵の調査手段としての尾行は、ストーカー行為の定義には当てはまることはありません。

ですが、探偵の調査能力が低く、尾行行為がばれて失敗してしまったときには、不必要な恐怖感を対象者に与えてしまい、探偵でもトラブルに発展することもあるようです。安心して依頼ができる探偵は調査力が重要ということです。

違法となってしまう調査や、トラブルに発展してしまうような調査を行う探偵に依頼してしまうと、依頼者も共犯になってしまう可能性もあるので、探偵がどんな浮気調査をしてくれるのか、その探偵の調査力も、依頼時には必ず見極める必要があります。
探偵の調査は犯罪行為?違法と合法のボーダーライン
浮気調査を探偵に依頼するときは、真っ当な調査を行ってくれるかを確認し、対象者にばれない高い調査力と強固なチームワークがある探偵に依頼するのがベターです。